自分を大切にしたければ、今の気持ちを感じてあげればいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

この先、どうなるんだろう。このままでいいのかな。

そんなことを考えていると、何とかしなくっちゃ。

いろいろと考えて、頭を悩ますことがありませんか。
 

■自分を大切に扱うこととは?

 
将来が不安だ。

この漠然としたものにとらわれ、悩んだり、迷ったりするのは、私たち大人たちだと思います。

大人になれば、それなりの責任を背負うことになりますから、将来のことを考えることも、子供たちよりは多くなりますよね。

将来が不安なら、それを取り除くための行動をすることも、大人だったらできるはずです。

子供よりも、知識も経験も、お金も自由に使うことができるから。

でも、不安を抱えてしまうのは、子供でも、大人になった今でも変わらないのではないでしょうか。

不安を感じるのは、まさに生きていること、そのものだと思うのです。
 
 
 
 
それを、どうにかしようとするから、問題が起こるのではないかと考えています。

もちろん、不安を解消する行動もあって当然です。

でも、不安を感じて、どうしたらいいのかわからなくなっているなら、ただただ今の自分の気持ちを感じるだけでもいいのではないでしょうか。

それは、自分を大切に扱うことと一緒だと思うのです。

私も、不安を抱え込んで、悶々とした日々を過ごすことがあります。

うまくいかないなぁ。空回りしているよなぁ。

なんて思う日もあります。

ここで、適切な行動をとれることが少なくて、自分を責めたりすることもありました。

でも、自分を攻めたところで、不安がなくなるわけではありませんよね。

不安を取り除きたい一心で行動を起こしても、それが自分を責めてしまう原因になってしまうなら、無理に行動起こさないのもありですよね。

選択肢の1つに入れておきたいものです。

不安という自分の気持ちを、ただただ感じるだけというのも、結構辛いですが、自分の気持ちを感じ取ることができるのは自分しかいません。

その自分の気持ちを感じてあげることは、自分を大切にしていることにもなるのではないでしょうか。
 

■「今日の教訓」

 
この先、どうなるんだろう。このままでいいのかな。何とかしなくちゃ。行動を起こす必要なときもあるけど、ただただ今の自分の気持ちを感じるだけでいいときもある。それが自分を大切にすることにもなるんだから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする