やり過ぎを少なくしたいなら、量を減らして、回数を増やしてみよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

食べ過ぎや、飲み過ぎ。

気をつけていても、やってしまうことがありますよね。

何とか工夫をしていきたいところです。
 

■お得感があるのか。それとも無いのかの違い

 
食べ過ぎや、飲み過ぎのような「やり過ぎ」は、やはり体には良くありません。

運動も、やり過ぎれば、体を壊します。

どうして、人間はやり過ぎてしまうんですかね。

あとで、大変なことになることは経験しているはずなのに。

私も、好きな食べ物は、つい食べ過ぎてしまうことがあります。

食べ終えた直後は、好きなものをたくさん食べることができたので、大満足。

でも、あとになって苦しくなる。

この繰り返しなんですね。

やり過ぎないようにするには、減らすことが重要になってきますが、そう簡単には減らすことはできないでしょう。

好きなことをしているなら、なおさらです。

せめて、前半と後半のように分けてあげれば、やり過ぎを軽減することならできますよね。
 
 
 
 
私は、アイスコーヒーが大好きで、1年を通して飲んでいます。

好きな飲み物なので、飲み過ぎてしまうこともあります。

そこで、量を減らし、午前と午後の2回に分けて飲んでいたことがあります。

2回に分けて飲むだけで、満足を得ることができました。

何でだろう?

おそらく、回数が1回から、2回に増えているので、お得感があったのではと思っています。

少しずつ量を減らしつつ、回数を増やしていくのがコツですね。

やり過ぎを減らす、ひとつのやり方だと思いました。

あなたにとっての、やり過ぎを防ぐコツは何ですか。
 

■「今日の教訓」

 
食べ過ぎや、飲み過ぎ。やはり、やり過ぎは良くない。どうしても無理をしているから。前半と後半に分けるようなことができないか考えてみよう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする