自分を大切にするとは、どういうものなのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分を大切にするとは、どういうものなのか。

すぐには答えがでないようなことを考え出したら、あっという間に、時間だけが過ぎていきました。

でも、自分なりの答えは出ましたよ。
 

■自分で決めて、自分から行動すること

 
自分を大切にしたいといっても、なんだかピンときません。

それよりも、「相手の立場にたって考えなさい」のほうが、しっくりします。

これは、幼いころから、親や学校の先生たちから言われ続けてきたからだと思います。

だから、自分のことよりも、相手のことを大切にしてしまう傾向が強いのではないでしょうか。

たしかに、それはそれで大事なことなんですが、これで自分を大切にしているかと言われたら、私はそうではないと思うのです。

相手の立場ばかりを考えていたら、自分の立場はどうなってしまうのか。

そちらのほうに、関心が向いてしまいます。
 
 
 
 
それなら、自分の立場のことを、もっと深く考えてみようということになり、自分との約束について考えるようになりました。

自分を大切にしたいなら、相手よりも、自分を優先させる必要があります。

自分を優先させるとは、自分のことをやることだと思います。

つまり、自分で決めて、自分から行動すること。

普通すぎることを書いていますが、自分で決断したこと、自分が言ったことを守ることは、自分を大切にしていると思うのです。

もし、相手が決断したこと、相手が言ったことだけを守っていたとしても、自分を大切にしているとは言えませんよね。

だから、「相手の立場に立って考えなさい」ということばかりをしていると、どんどん自分から離れていき、自分を大切にすることを疎かにしてしまうのです。

自分を大切にするためにしていることは、何かを始める前に「○○をやる」と、自分で宣言し、自分から行動をしています。

当たり前すぎることを、あえて意識してやることで、自分を大切にしていることを、自分自身に伝えています。

これは、自分との約束を守ることと同じですね。
 

■「今日の教訓」

 
何かを始める前に「○○をやる」と、自分で宣言してみると、どんな気持ちになるだろうか。自分で決断したこと。自分が言ったことを守っていること。自分との約束を守ることは、とても大事なことなんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする