面倒くさいものがあったら、見て見ぬ振りをせずに、何とかしてやろう

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

これ面倒くさいなー。

もっと、簡単に楽にできるやり方はないのかなー。

この瞬間を見逃してはいけません。

ここから、生産的な時間が始まるからです。
 

■面倒くさいことと向き合うことで、生産的な時間な時間を作ることができる

 
普段の日常生活のなかで、面倒だと思うことはありますよね。

面倒だとは、誰でも思うことがありますが、その先はどうでしょうか。

その面倒だと思っていることを、もう少し簡単にできないか、楽にすることができないか。

ちょっとだけ、深く考えることができるなら、その時間は、とても生産的な時間を過ごしていると思うのです。

正しい答えを求めるよりも、面倒だと思うことに注目して、どうすればいいのかを考える時間そのものが、生産的なんですね。

特に、仕事では、面倒だと思うことを何とかしようと考えることはあると思います。

自分ひとりで考えるのもいいですが、仲間を巻き込んで、みんなで考えると、何か新しいものが生まれたり、今よりも一歩前に進むことができることが多くなるでしょう。

面倒くさいことは、避けたいところが本音です。

でも、その面倒くさいことと向き合うことで、その先に生産的な時間な時間を作ることができるのなら、面倒だからといって避けていては勿体ないですよね。
 
 
 
 
私は、仕事で面倒だと思ったことは、その仕事のチェックリストを作り、相手にそのチェックリストを見てもらい、感想を聞きます。

すると、ここはいらないだろ。こっちを最初にやったほうがいい。

などと、好き勝手に言ってきます(ホント、勝手な奴らだ)。

でも、そんな時間が楽しく、コミュニケーションの場となり、結構いい感じです。

面倒くさいものがあったら、見て見ぬ振りをせずに、何とかしてやろうとしたとき、そこから何かが起こる可能性大ですよ!

あなたは、面倒だと思っていることは、どうしていますか。
 

■「今日の教訓」

 
面倒くさいものを、いかに楽にできるようにするのか。そんなことを考えている時間は、とても生産的な時間なんだよ。何か新しものが生まれたり、今よりも一歩前に進むことができたり。変化を感じる可能性があるんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事