自分のことを知る姿勢は、他人に振り回されるのを防ぐ効果がある

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

他人に振り回される。すぐに影響を受けてしまう。

これも、限度を超えてしまうとよくないですよね。

もう少し、自分のことについて考えてみたほうがいいですよ。
 

■自分のことを、どれくらい知っているか

 
他人に振り回される。
他人が気になる。
他人と比較してしまう。

自分ひとりで生きているわけではありませんし、自分以外の人間は、すべて他人ですから、どうしても関わらなければいけないことです。

だから、他人のことを何とかしようとするのは無理だと気づくはずです。

特別な理由がない限り、他人との関わり合いをもつことになるからです。

そうはいっても、他人を気にしてしまうことがありますよね。

私も、人目を気にするほうなので、その気持ちよく分かります。

ただ、他人ばかりを気にしていると、自分のことなんて、きれいさっぱり忘れていることに気づいているでしょうか。

他人を気にしているということは、相手を監視していると同じようなものだからです。

だから、自分を見失っていくと思うのです。
 
 
 
 
これを防ぐには、もっと自分のことについて考えるようにしたほうがいいでしょう。

私は、自分のことについて書き出したことがあります。

自分の好きなもの。嫌いなもの。
得意なこと。苦手なこと。

自分目線で見て答えることができればいいと思います。

私が書き出しているときに気づいたことは、やっぱり文章を書くことが好きなことだったり、初対面の人に対しては何を話していいのかわからなくなるから苦手だと思っていたりすることでした。

そんな自分のことを嫌だと思うこともありますが、これも自分なんですよね。

ここで、自分のことを否定しまくっていると、他人のことが気になってしまうことになりそうなので、書き出しながら、好きか嫌いかは別にして、これも自分の一部なんだと思うようにしています。

自分目線で答えを書き出しておくと、他人から何かを言われたり、気になったときに、比較したり、検討することができるようになってきます。

この段階になると、他人を気にしすぎることは少なくなっていました。

先に、自分目線で答えを書き出しておいたのが良かったんだと思います。

自分のことを知る姿勢は、他人に振り回されるのを防ぐ効果があるんですね。
 

■「今日の教訓」

 
自分が好きなもの、嫌いなもの。得意なこと、苦手なこと。まずはしっかり自分で答えるようにしておいたほうがいいよ。まずは自分目線で答えを書き出して、それから他人に言われたことを比較してみると、自分というものが見えてくるからさ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事