試し続けた人だけが問題の解決へ近づくことができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6097248541_c543884415
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

もっと楽に仕事ができないかな?

いろいろ考えて、とにかく試しににやってみる。

そのうちに、解答に近づくことができると思うのです。
 

■試し続けることが、その結果として問題の解決へと近づくことができる

 
仕事をしているときは、もっと早くできないか。効率よく動けないか。

そんなことを考えるときがあります。

まあ、簡単にいうと「楽がしてぇ~」と思っているからですけど(笑)。

だから、とにかくやってみなければわからないよね。

そんなことを考えながら、仕事をしています。でもだからといって、すぐに答えが見つけられるとは限らないのも事実です。

仕事は、一人でやるものではなく相手もいますし、仕事の環境での制限もありますから。

それでも、試し続けた人だけが、問題の解決へ近づくことができると思うのです。
 
 
 
 
野球にたとえるなら、ヒットを打ちたければ打席に立たなければなりませんよね。もちろん、ピッチャーの球を打ち返す技術は必要になりますが、技術や知識だけでは、ヒットを打つことができないのも事実なのです。

なぜなら、打席に立つことが前提条件だからです。

サッカーも同じです。ゴールを決めたければ、ゴールに向かって、ボールを蹴らなければいけません。ここでも、ゴールを決める技術は必要になってきますが、それだけではダメで、ゴールに向かって、ボールを蹴ることが前提条件になるのです。

その前提条件というのが、試しにやってみることなのです。

試し続けることが、その結果として問題の解決へと近づくことができるのです。
 

■「今日の教訓」

 
とにかく、試し続けることで、問題の解決へ近づくと思う。なんで、今までやらなかったのだろうみたいな答えが見つかるからだ。解決の答えは身近にあったりする。でも、それに気づかないんだよね。
 
 
 

仕事は楽しいかね?

デイル ドーテン きこ書房 2001-12
売り上げランキング : 281

by ヨメレバ

 
credit: dullhunk via FindCC
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする