毎日がつまらないと思ったら、自分から変えていけるものを、どんどん変えてみよう

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

何か物足りない。刺激が欲しい。

こんな状態のときは、同じような生活パターンを繰り返している可能性があります。

でも、これは現状を見直す絶好のチャンスだと考えることもできますよね。
 

■他人よりも、自分を変えていくスタンス

 
あー、毎日がつまらない。

こんな贅沢な悩みをもったことがあります。

というか、年に何回か定期的にやってくる感じ。

毎日がつまらないと感じているときは、同じような生活パターンで、それが単調だと思っているからだと思います。

朝起きて、仕事に行って、帰って寝る。

当たり前のことを、当たり前のようにやっているだけですが、毎日がつまらないと感じてしまうんです。

ホント、贅沢な悩みです。

でも、ここで世の中には、もっと大変な暮らしをしている人たちがいるという話になってしまうと、これは他人と比較することになって、こんなんじゃダメなんだと思ってしまうので、他人と比較することはしないようにしています。
 
 
 
 
当たり前のことを当たり前のようにやっている生活のなかで、ちょっとパターンを変えればいいのかなって思っています。

いくら大好きな、カレーライスでも、毎日食べ続けていたら、「もう、いい加減にしろよ。違うものが食べたいよ!」ってなりますよね。

それと同じことなんだと思います。

何か物足りない。刺激が欲しい。

もし、心のなかの自分が叫んでいるなら、「違うことをやれ!」というお知らせなんじゃないかと思うのです。
 
 
 
 
お知らせを聞いたあとに、カレーライスを食べるのが飽きたから、次はカレーうどんを食べるぜっ!

ライスから、うどんに変わったわけですが、これだって立派にパターンを崩していることになると思いませんか。

場合によっては、すべてをなくして、ゼロベースで考えて、新しいパターンを作り出すのもいいでしょう。

次は、カレーコロッケを自分で作って食べるぞ!

これは、これでいいはずです。たぶん。

他人がどうのこうのと考えるよりも、自分から変えていけるものを、どんどん変えていくことで、新しい刺激にもなるし、何か物足りないなんて考えている暇なんてないですよ。

よし、明日の昼ご飯は、カレーパンにするぞー。
 

■「今日の教訓」

 
何か物足りない。刺激が欲しい。こんな状態の時は、同じような生活パターンでマンネリ化している可能性がある。それなら、やり方や方法を見直し、パターンを変えてみる、パターンを崩してみるといいよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事