人間は、機械と同じように動くことはできない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

昔の人は、空を飛んでいる鳥たちを見て、自分も飛んでみたいと思いました。

そして、現在は飛行機を使って、空を飛び、世界中に行くことができるようになりました。

それでも、できないことってあるんですよ。
 

■人間ができることは、やるべきことを絞り込むことができること

 
あんなふうになりたい。

それを現実のものにしてきたのが、私たち人間ですよね。

他の動物たちとは違って、自然の力に逆らってまでも、自分たちがやりたいことをやってきたんだと思います。

その一つが、機械を作ることができることです。

機械を作り、それを利用することで、めちゃくちゃ便利にもなりました。

たとえば、全自動洗濯機は、昔の洗濯機に比べたら、洗濯から脱水まで、簡単に言えば、ボタン一つを押すだけで洗濯ができるようになりました。

時間も大幅に短縮できて、洗濯に関することだったら何でもできちゃう感じですよね。

これは、機械だからこそ、できること。

人間も同じようなことができると考えたりは、まさかしませんよね。
 
 
 
 
でも私はやってしまうことがあるんです。

それは、あれもやりたいし、これもやりたい。

手当たり次第にやり始めて、中途半端な形で終わってしまって、寝るころになって、今日1日をふり返り、後悔をしていたことがあります。

機械のように何でもできると勘違いしているのかなと思いました。

無理をしているから、体調を崩し、さらに調子が悪くなってしまったこともあります。

人間は、機械と同じように動くことができないんですね。

機械のように何でもできると思っているときは、「完璧主義」に近い状態じゃないかと思うのです。

唯一、人間ができることは、やるべきことを絞り込むことができることです。

機械は、その目的や用途に応じた動きしかできませんが、人間だったら、その場の状況に合わせて、選択を変えることができます。

・人間は、機械と同じように動くことはできない
・人間は、状況に合わせて、選択を変えることができる
・機械は、その目的や用途に応じた動きができる
・機械は、一部を自動化でき、最後までやり遂げる

これらをうまく組み合わせて、さらにやるべきことを絞り込むことができれば、もう少し余裕のある生活ができるのではないでしょうか。

人間ができること。機械に任せることができること。

機械を使うのは、人間のほうです。機械に使われない人間でいたいものです。
 

■「今日の教訓」

 
人間は、機械と同じように動くことはできない。だからこそ、あれもこれもと手を出すよりは、やるべきことを絞り込んでやっていくほうがいいよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする