気持ち、感情は、行動することで形に表すことができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

泣いたり、笑ったり、イライラしたり。

人間には、喜怒哀楽がありますが、そのときは何をしているときでしたか。
 

■勇気を出して初めての告白

 
生きていると、いろいろな場面に遭遇しますよね。

毎日が同じように思っていても、細かい部分では違うところがあります。

その中で、様々な気持ちが生まれているはずです。

暑い。寒い。
楽しい。面白い。
嬉しい。素晴らしい。
イライラする。腹が立つ。

正直、すべての気持ちを捉えることは不可能ですが、場面ごとに何らかの気持ちを感じているといっていいでしょう。

でも、この気持ちは、自分にしかわからないもの。

他人に悟られることはあるかもしれませんが、本当のところは自分だけが知っているだけです。
 
 
 
 
そんな気持ち、感情を相手に伝えるには、どうしたらいいでしょうか。

私は、行動することしか、形にすることができないと考えています。

昔、あるテレビ番組で「勇気を出して初めての告白」というコーナーがありました。

その名前の通り、相手に自分の気持ちを伝えるものです。

相手を目の前にしての告白ですから、緊張もしますし、相手の顔を見ることができないこともありました。

それでも、勇気を出して、自分の気持ちを伝えている姿を観ていて、私も応援していました。
 
 
 
 
みんな、一人一人に気持ちがあり、感情を持っています。

でも、それが原因でトラブルになることもあります。

言った、言わないという些細なことから、勝手な思い込みで相手を見てしまうこともありますし、気持ちと気持ちがぶつかって喧嘩をしてしまうこともあります。

そんなトラブルを避けるためには、自分の気持ちを相手に伝えるという行動が大事なんじゃないかと思うのです。

お互いに、気持ちや感情を形にすることで、そのとき初めて、相手がどんな気持ちなのかわかるのではないでしょうか。

相手に告白することで、その返事がわかるように。

自分の気持ちは、そのままでいると相手には伝わりにくいものです。でも、行動することで、それが形になっていきますよ。
 

■「今日の教訓」

 
いろいろな気持ち、思い。そんな感情も、行動することでしか、形で表すことができないんだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする