自分の情報や記録で、自分専用のユーザー辞書を作ろう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

あなたは、自分自身のことを、どのくらい知っていますか。

何が好きで、何が嫌いですか。どんな生活を送っているでしょうか。
 

■過去の自分について知りたいときに役に立つ

 
生まれてきてから、今日まで。

自分の歴史というものがありますよね。

自分史という言葉があるように、これまで積み重ねてきた年月は、そっくりそのまま、自分自身の情報や記録といっていいでしょう。

これは、自分にとっての貴重な個人情報です。

些細なことから、知られたくない情報もあるかもしれません。

そんな情報や記録を、いつでもどこでも使えるようになると、役に立つことがあります。
 
 
 
 
たとえば、去年の今頃は、何をしていたのか。10年前に家族と行った旅行について知りたくなった。先週に書いたメモを、いま必要になった。

ちょっとしたことなんですけど、過去の自分について知りたいときがあります。

もちろん、頭の中の記憶を頼りにすれば、すぐに終わることもありますが、すべてを覚えているわけにもいかず、どこかに情報や記録として残していくことが、やっぱり必要だと思うのです。

保存の方法は、これが正しいというものはありません。

自分に合ったやり方を見つければいいと思います。

写真を1枚撮るだけでも、当時の記憶が鮮明に蘇ることがありますし、日記を書くことだって、情報や記録として残すことが可能です。

私は、EvernoteDropboxなどのクラウドサービスに、自分の情報や記録などを放り込むことが多いです。

もちろん、すべてではなく、セキュリティのこともありますから、紙に書き出してあるものもあります。

あとは、必要に応じて、情報や記録を引っ張り出せばいいわけです。
 
 
 
 
自分の行動記録は、約5年分あります。

だから、3年前の今日は何をしていたのか。

と聞かれたら、情報や記録を残していない人に比べたら、気持ちが悪いぐらいに詳しく答えることができます。

これは、自分のための自分専用のユーザー辞書を持っている感じですね。

辞書を作るためには、元になる情報が必要です。

コツコツと、自分の情報や記録を登録しておけば、必要なとき、知りたいときに、自分という人間について調べることができるようになります。

自分のことについて知りたくなったときに使う、自分専用のユーザー辞書には、その答えがあるかもしれません。

これは、Googleで検索しても表示されない、貴重な情報ですよ。
 

■「今日の教訓」

 
自分の情報や記録。これは、自分の財産のひとつでもある。いつでもどこでも使える状態が望ましい。自分専用のユーザー辞書のようなものなんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする