自由だから何でもできるわけではなく、自由だからこそ普段通りの行動をする

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

1日を計画通りに進めていくには、どこかで制限を設けてやらないといけないことがあります。

制限がないのが理想ですか。

でも、制限があったほうがうまくいくと思いますよ。
 

■自由すぎて困るというのは、何をしたらいいのかわからないと言っているのと同じ

 
明日は、自由に過ごしていいよ。

そう言われると、あれもやりたいし、これもやりたい。逆に、何もせずにゴロゴロしていたい。

いろいろと考えることができますよね。

でも、自由にしてもいいよと言われても、どうしたらいいのかわからない人もいます。

私も、その中に含まれます。

たとえば、手帳のように、使い方が自由なものほど、実は使いにくいなと感じてしまいます。

文字を書いたり、写真を貼ったり、絵を描いたり。

何をやっても自由なのに、実際は自由だからこそ、困ってしまうのです。
 
 
 
 
最近は、自由すぎて困っていると感じたら、いつもやっていることはできないかを考えます。

たとえば、食事や入浴の時間など、今日1日の計画の確認もそうです。

いつもやっていることを、まずは行動しています。

自由すぎて困るというのは、何をしたらいいのかわからないと言っているのと同じようなものだから、普段通りの行動をするように心がけています。

自由だから何でもできるわけではなく、自由だからこそ普段通りの行動をするというわけです。

これで、自由すぎて困ることからは解放されます。

普段通りの行動とは、制限のある生活ですよね。

起床時間や、出社時間など、あらかじめ決められていているから、それを基準にして行動することができています。

つまり、制限があったほうが、自由な時間でも動きやすくなるのではないでしょうか。
 

■「今日の教訓」

 
時間に制限をかけてやらないと、ダラダラやってしまうことがある。制限時間が来たら、次のタスクに着手することが大事になってくるし、どれくらいの時間で区切ればいいのか。行動記録を残していればわかってくるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事