気になることがあったら、とりあえずメモを残しておく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

みなさんは、メモを残すことをしていますか。

たった、ひとこと。殴り書きのメモでも、その瞬間に、自分が書いていたものです。そのメモを集めていくと、いろいろな自分が見えてきますよ。
 

■大事なのは、今やっていることに影響がでないようにすること

 
なぜ?どうして?

気になりだすと、それが止まらないことってありませんか。

あとで考えようと思っても、頭の片隅に残っているような気がして、なんだか気持ちが悪いと私なら思ってしまいます。

何より、目の前のことに集中して取り組むことができなくなります。

まるで、幼い子供みたいですが…。
 
 
 
 
子供と違うところは、気になったことを、メモとして残すことができるところですね。

今は、紙に書き出したり、スマホに保存したりすることもできますから、その場の状況に合わせて対応すればいいだけですから。

大事なのは、今やっていることに影響がでなければいいわけですよね。

だから、ちょっと面倒だと思っても、気になったことは、メモに残すことで、すぐに今やっていることに目を向けることができるようになります。

これは、当たり前のことだし、特別なことはしていません。
 
 
 
 
でも、気になることがあると、ずっとそのことを考えている時があるんです。

考えることを否定するつもりはありません。

しかし、考えごとばかりして、今やっていることをおろそかにしてしまったら、それこそ、気になっていることを調べたり、解決したりすることもできなくなってしまいます。

気になることがあったら、とりあえずメモを残しておく。

これが鉄則だと思うのです。

メモの活用の仕方なんて、あとから考えれば充分です。

そもそも、メモを残しておかなければ活用なんてできませんからね。
 

■「今日の教訓」

 
なぜ?どうして?気になりだすと、それが止まらないこともある。でも、今やっていることに影響がでてはいけないから、メモを残して、その場で解決するか、あとで解決するか。すぐに決断できるようにしておきたいね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする