1日の充実度を大きくするために、自分との約束を守っていこう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

もっと、1日を充実させていきたい。
満足した1日を過ごしたい。

それは、自分との約束を守れるかどうかにかかっていますよ。
 

■自分で決めたことを守って、実行していこう

 
1日の終わりに、今日は充実していた、満足した。

そう感じさせるのは、自分の目の前に起こった出来事(外的要因)と、心の中の出来事(内的要因)があると思っています。

たとえば、今日1日家族と遊園地に行って楽しかったと思った場合、遊園地が外的要因で、そこで遊んで感じたことが内的要因ですかね。

いちばんの理想は、外的と内的の両方を満足する形がいいでしょう。

目の前の出来事と、心の中の出来事が、うまく溶け合った状態です。
 
 
 
 
しかし、いつもそうなるとは限りませんよね。

遊園地に行く予定だったのに、行くことができなくなった場合、外的要因を満足することができなくなりますから、心の中の内的要因だけでは、十分な満足を得ることができなくなります。

まるで、水と油が混ざり合わないかのように。

外的要因は、自分の力ではどうすることもできないものが多いのも事実なので、心の中の内的要因のほうが、自分の力で何とかなります。

そのひとつは、自分との約束を守ることです。

自分で決めたことを守って、実行する。

そのためには、外的要因となるものは、自分ができること限定になりますし、約束を守ることで、心の中の内的要因も満足することができるようになります。
 
 
 
 
「帰宅したら読書をする」と、自分との約束をしたなら、あらかじめ読みたい本を準備して、1ページだけでも読んでみればいいだけです。

このときの外的要因は、「読みたい本を準備する」という、自分ができること限定になっています。そして、自分が決めたことを実行したという、内的要因も満たすことになります。

ちょっとしたこと、当たり前のことでも、自分との約束を守る。

この積み重ねが、自分を信じることになり、自信になっていきますよ。
 

■「今日の教訓」

 
1日の充実度に大きな影響を与えるのが、自分との約束を守れるかどうか。自分で決めたことを守る、実行する。この積み重ねが、自分を信じることになり、自信になっていくんだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする