後悔しているときは、次の決断をするときがやってきたということ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

後悔や反省を、どれくらいしていますか。

何か歳を重ねていくうちに、その回数が多くなった気がしています。
 

■「後悔」という言葉で片づけてしまっていたら、次には進めない

 
後悔するときは、自分が望んだ結果とは違ったり、うまくいくはずだと思ったことが、うまくいかなかったりすることで、心の中で感じることですよね。

だから、後悔なんて生きていれば何度でもやってきます。

そもそも、後悔しないようにすることが、バカバカしく感じます。

それでも、後悔なんかしたくはない。

そんな気持ちになったことはありませんか。
 
 
 
 
私は、あります。

「後悔したくはない」とは、失敗したくはない、恥をかきたくはない、傷つきたくはないのと似ているところがありますよね。

それを一言で言い表しているのが「後悔」だと思うのです。

後悔している時間はあってもいいし、それもとても大切な経験をしています。

後悔から学ぶことがあるからです。

でも、「後悔」という言葉で片づけてしまっていたら、次には進めないかなと感じています。
 
 
 
 
でも、今ここで、これから何をするのか。

次の決断をするときがやってきたといえると思います。

後悔や挫折なんてしたくはないけど、生きていれば必ずといって良いほどやってくるものです。

その貴重な経験を糧にして、速やかに次の行動に移せるようになれば、後悔や挫折も人生の踏み台として使い、もうワンランク上のステージに上がることができるのではないでしょうか。
 

■「今日の教訓」

 
もし、やってしまったことに後悔するぐらいなら、今ここで、これから何をするのかを決めて、速やかに次の行動に移したほうがいいよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする