手順を間違えたり、忘れたりすれば、大きく時間を失うことになる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

突然ですが、作業の手順を間違えたら、どうなるのでしょう。

ひとつ言えることは、余程のことがない限り、良い結果はでませんよね。
 

■決まり切ったことをするときには、手順を決め進めたほうが、間違いも減っていく

 
手順を間違えたり、忘れたりすることは誰にでもあることです。この道何十年といわれるベテランでさえも、ありえる話です。

はっきり言えることは、間違えたり、忘れたりすると、そのぶんだけ、大きく時間を失うことになります。

特に、初心者が手順を間違えた場合は、元の状態に戻るまで時間がかかりますよね。その反対に、ベテランといわれる経験者は、これまでの経験を活かしてきますから、元の状態に戻るのは初心者よりも早いでしょう。
 
 
 
 
私は、夕方の家事をすることがあります。

お風呂を沸かし、晩ご飯の準備をするときに、手順を間違えて、大きく時間を失ったことがあり、決められた手順を守ったほうが、結果として、時間のロスも少なくてすみ、忘れることが減ることに気づきました。

何度も繰り返していれば、体に馴染んできますが、それでも人間ですから間違いを犯すことがありますよね。

今では、家事をするときのチェックリストを作り、それを見ながら進めているので、手順を間違えたり、忘れたりすることは劇的に減りました。

手順通りに進めるというと、何だか窮屈な感じもしますが、家事のような決まり切ったことをするときには、手順を決めて、その通りに進めたほうが、間違いも減るので、その分だけ時間を失うことがありません。

プラモデルを作るときのように、説明書を見ながら完成形に近づけていく感覚に似ていると思います。

あなたも、毎日の生活のなかで、一定の手順でやっているものをリストアップして、時間を有効に使ってみてはどうでしょうか。
 

■「今日の教訓」

 
手順を間違えたり、忘れたりすれば、大きく時間を失うことになる。決められた手順を守り、繰り返しながら、体に馴染ませていこう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする