明日に、うまく引き継ぐために、今日のゴール、着地点のことを考えておこう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

1日の終わりを意識して過ごしている人は、どれくらいの人がいるのでしょう。

明日がくるのが当たり前になっていると、1日の終わりなんて気にする人は少ないかもしれませんね。
 

■明日に、うまく引き継ぐために

 
始めがあれば、終わりがある。

誰が言った言葉なのか知りませんが、子供のころに聞いた記憶があります。

生まれたものは、いずれ死がやってきますし、建物だって、何十年、何百年という月日が経てば老朽化して、そのままにしていたら崩れてしまうでしょう。

そう考えると、必ず終わりがあるといえそうです。

必ず終わりがあるという意識を持つだけでも、毎日の過ごし方も変わってくるでしょう。

といっても、何十年先の終わりのことを考えることなんて無理ですから、今日1日の終わりを意識するのがいいと思います。

今、一生懸命にやっていること、夢中になっていることは、今日1日の終わりには、どうなっているのか。または、どうなっていたいのか。

今日のゴール。つまり、着地点はどこなのか。

今日1日の終わりにたどり着いたところがわかっていれば、明日にうまく引き継ぐこともできるでしょう。

1日の終わりを意識することは、時間を区切ることにもなります。

時間を区切り、そのなかでベストを尽くしていると、濃い時間を過ごすことができるようになってきますよ。
 

■「今日の教訓」

 
今を夢中になって過ごすのもいいけど、必ず1日の終わりがあるから、そのことを、ちょっと意識するだけでも、今日のゴール、着地点のことを考えることができようになる。明日に、うまく引き継ぐことができるといいよね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする