のんびりしていて、やりたいことができないときは、動き出すきっかけを用意しておく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

休日になると、なんとなくゴロゴロして過ごしてしまうことはありませんか。

でもそれで、やりたいことができないなんて、ちょっと残念ですよね。
 

■のんびりしながら、やりたいことリストに目を通す

 
休日ですから、仕事をしているときとは違って気が緩みます。

仕事をしているときよりも、自由に時間を使うことができ、何をやってもいいという状況では、緊張感も薄くなります。

のんびりと過ごすのも、いいものですよね。

私も、のんびり過ごすのは好きです。というか、のんびり過ぎているところもあります。

外の景色を、ぼーっと見ていたり、日向ぼっこをしたり。

40過ぎのオッサンが、何をしとんのじゃーって、突っ込まれそうですね。 
 
 
 
でも、ただひとつ問題が。

それは、のんびりしすぎて、やりたいことができていないときがあるんです。

贅沢な悩みかもしれませんが、やりたいことができなかったという気持ちが、夜寝る前になると感じるんです。

こんな状態が続くのは嫌だなと思ったので、のんびりしながら、やりたいことリストを見ることにしています。

いつでも動き出せるように、きっかけを作っておく作戦です。

自分がやりたいことって、意外と忘れていることがあるんですよ!

特に、今すぐではなく、ちょっと先の未来のことになると、目の前のやるべきことに埋もれてしまっているんですね。
 
 
 
 
やりたいことリストを眺めていると、のんびりしながらでも、できることってあるんだと気づきます。

スマホさえあれば、わからないことは検索したり、必要なものはネットで注文したりすることもできますから、やりたいことをする準備ぐらいは、のんびりしながらでもできるんです。

もし、準備ができなくても、のんびりしながら、やりたいことリストに目を通すことならできますよね。

のんびりしながら、体を充電しつつ、やりたいことの準備を進めていれば、自然と動き出すことができるようになってくるのは、時間の問題ですよ。
 

■「今日の教訓」

 
のんびりするのはいいことなんだけど、それでやりたいことができないなんて、ちょっと残念だよね。のんびりしながら、リストを作って、今日1日のなかで、やりたいことには目を通しておこう。動き出すきっかけを作っておくんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする