人の目が気になってもいいじゃない。もう、開き直っちゃえ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

人の目が気になる状態が、またもや発生しました。

でも、気にしているのは自分だけなんですよね。
 

■自分が気にしていても、相手はそこまで自分のことを考えたり、思ったりはしていない

 
人の目が気になるときって、他人の顔ばかりを見ていませんか。

他人の顔の表情を、自分なりに分析して、解釈し、答えを導き出した結果が、「自分のことを何か言っている?」「思っている?」と、分析しているのではと考えています。

こうして文章にすると、えらく面倒なことをしていますが、頭の中では一瞬で作業していると思います。

だって、人のことを気にしてばかりいると、めちゃくちゃ疲れるからです。

それじゃあ、他人のことなんて考えなければいいじゃないか。

そんなアドバイスをもらったこともあります。
 
 
 
 
たしかに、その通りです。

と、わかっているつもりではいるのですが、これがまた難しい。

ただ、ひとつ言えることは、自分が気にしていても、相手はそこまで自分のことを考えたり、思ったりはしていないことです。

有名人なら別ですけど。

それに、自分だって、ずっと相手のことを考えているわけではありません。

お腹が空いたなー。カレーでも食べようかな。
雨が降りそうだな。傘を持っていこうかな。
ブログに書くネタは、どれにしようかな。

他にも、考えていることがたくさんあるはずですよね。

だから、人の目を気にしてもいいじゃない。

もう、開き直っています。

たとえ、気になっていても一時的なもの。

こんなときこそ、自分が好きなこと、やりたいことを始めるのが一番じゃないか。

そんなふうに、考えることにしました。

あなたは、人の目が気になるときどうしていますか。
 

■「今日の教訓」

 
人の目を気にすることがある。気にしているのは自分だけなんだ。相手は、そこまで自分のことを考えたり、思っていたりすることはまずありえない。なぜなら.自分自身も、ずっと相手のことを考えているわけではないからだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする