最高に近いコンディションのなかで、やりたいことができるようになるために

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

期限が迫ってくると、あれもこれもと、手を出してしまうことはありませんか。

ホント、不思議ですよね。
 

■スタミナ切れで、失速しないように注意しよう

 
期限が迫ってくると、なぜかエンジンがかかって、アクセル全開になる人がいます。

私は、接客業の仕事をしているのですが、開店前の準備を見ていると特にそう思います。

なぜか、開店15分前、10分前、5分前のように、開店時間が近づけば近づくほど、テンションが上がってくる人たちがいて、活発に動き出すんです。

逆に私は、仕事をしているときの行動記録を残しつつ、タスク管理をしているので、開店前のチェックリストを確認しながら、淡々と作業を進めていくので、いきなりテンションなどは上がりません。開店2分前で、開店前の準備の仕事が終わるようにしています。
 
 
 
 
しかし、そんな私でも、なぜかテンションがあがって、あれこれとやりたくなることがあります。

それは、眠くなると起こります。

特に、就寝前が最も危険です。

眠くなってくると、あともう少しやりたいという気持ちが出ているのかもしれません。

仕事帰りに買った本を、今すぐに読みたくなったり、録画した番組を観たくなったり。

眠い目を擦りながらでもやろうとしてしまうのです。

しかし、睡眠時間を削ってやったとしても、良いことはありませんよね。

今は、寝る前にやりたいことがあっても、グッと我慢をして、眠るようにしています。

そして次の朝、最高に近いコンディションのなかで、やりたいことができるようになってきました。

睡眠は、今日1日の終わりを示す期限と言えますよね。

期限が迫ってくると、テンションが上がって、動きが活発になることが悪いとは言いませんが、まだその先もあることを考えたとき、スタミナ切れで失速しないように注意したほうがいいですね。
 

■「今日の教訓」

 
眠くなると、あれこれとやりたくなることがある。きっと眠ってしまうと、それができないと思っているから。でも、眠いなら眠ってしまったほうが起きてから、やりたいことが最高に近いコンディションでできるんだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする