いつもやっていることは、いつまでも同じとは限らない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

作業の手順が、ずっと同じ。それならいいんですけど、いつまでも同じとは限らないですよね。

機械もそうですし、アプリもですけど、アップデートしていくものだからです。
 

■周りは変わっているのに、自分だけが気づいていないのかも

 
いつもやっていることは同じ。

もし、そう思っているなら、時代や環境の変化に気がついていないのかもしれません。

もちろん、変わらないものもあります。それは基本と呼ばれるもので、これ以上分解することができない最小単位というものです。

しかし、基本を積み上げていけば、さらに応用へ展開していくのは、自然なことだと思います。

それが、アップデートすることだと思うのです。
 
 
 
 
たとえば、仕事の場合では、自分が与えられた役割の仕事をしていれば、やることはだいたい同じだと思います。

でも、もう少し細かくして、一つひとつの動きを確認してみると、別のやり方のほうがいいかもしれないと気づくこともあるはずです。

同じ作業を繰り返していれば、体が慣れてきて、間違いも減り、スピードも速くなることは、これまでの経験から分かっていることですよね。

しかし、同じ作業を繰り返していることで、緊張が緩み、動きが雑になったり、間違いをしてしまったりすることもあります。

大事なのは、いつもやっていることは、いつまでも同じとは限らないんです。

もしかしたら、周りは変わっているのに、自分だけが気づいていないのかも。

それは、それで何だか悲しいですよね。

普段やっていることを、一つひとつの動きを確認してみるのもいいですよ。

基本の動きがわかり、応用への展開が期待できるからです。

そうなれば、アップデートする日も近いですよ。
 

■「今日の教訓」

 
作業の手順は、いつまでも同じとは限らない。一つひとつの動きを確認して、作業の手順を更新させていこう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly