少しだけど、できて良かったと思えるなら、次につながる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

少しだけど、できて思えるなら、次につながると思っています。

逆に、少ししかできなかったと後悔していると、そこで足踏み状態が続いているといえませんか。
 

■改善と課題の克服のために、そのエネルギーを存分に使っていく

 
いつも順調に物事が進むとは限りません。

こんなことは、わかっているつもりでも、計画に遅れが出たり、壁にぶつかったりしていると、悶々とした気分になります。

本当は、計画の10までやるつもりだったのに、6までしかできなかったとします。

ここで、6までは確実にできたことを、どう捉えるのか。

まだ、6までしか進んでいないとするか。それとも、6まで来たから、あともう少しだと考えるのか。

これは、簡単には決めることは難しいと思いますが、要は気持ちの問題なんですね。

状態が悪いからといって、自分を責めたり、他人のせいにしたりしても、プラスになることは、まずありませんし、時間を無駄に使うだけです。

だから、次につなげていくためには、少しだけど、できて良かったとすれば、ここまではできたという、現状を把握できているので、改善すべきところや、課題も見えてくるはずです。

自分を責め、他人のせいにするエネルギーを、改善と課題の克服のために、そのエネルギーを存分に使っていきましょう。
 

■「今日の教訓」

 
少しだけど、できて良かったと思えるなら、次につながると思う。状態が悪かったことで、自分を責めてもプラスにはならないからね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする