間違いを、間違いとして受け入れられないとき

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9083765513_117ab533e2
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

間違いをしてしまったとき、素直にごめんなさいということができますか。

素直に、認めることができるなら、その後の展開も良い方向に向かうかもしれません。でも、素直になれないときもありますよね(笑)。
 

■少し時間がかかっても、間違いが起きないような工夫が必要になってくる

 
仕事をしてミスをすると、誰がやったのか犯人探しが始まったことはありませんか。

たしかに、ミスをしてしまった本人は、反省をしたほうがいいと思いますが、お互いを疑って、犯人探しをするのは良くないと思います。

一番良いのは、ミスをしたことを名乗り出ること。

もちろん、個人的には、言いたいことがあるでしょう。

でも、ここで名乗り出なかったり、人のせいにするような、責任転嫁をする行動をするから犯人探しが始まってしまうのです。

間違ってしまったことを、全員で共有して、改善に向けて動き出す。

これは、簡単なことのようで、難しいのではないでしょうか。

私も、できていません(汗)。

間違っても、素直に認めることができないこともありますし、人のせいにしてしまうこともあります。

でも、少し時間がかかっても、間違いが起きないような工夫が必要になってくると思っています。

なぜなら、間違ってしまったあとの処理をするダメージのほうが大きいからです。

ダメージとは、犯人捜しや責任転嫁をすることです。

そんなギクシャクとした関係になるより、間違ったときは素直に認めるように心がけて、間違いが起きないような工夫を考えることに時間を使ったほうが良いと思うのです。
 

■「今日の教訓」

 
間違いを、間違いとして受け入れられないこともあると思う。もちろん、個人的には、言いたいこともあるだろう。でも、少し時間がかかっても、間違いが起きないような工夫が必要になってくる。なぜなら、間違ってしまったあとの処理をするダメージのほうが大きいからだ。
 
credit: TerranceDC via FindCC
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする