言いたいことがあるなら、その場で自分の意見として言ってもいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分が言いたいこと、伝えたいこと。

うまくできないときは、きっとどこかで我慢をしているのではないでしょうか。
 

■自分の気持ちをアウトプットする習慣があるか

 
自分が言いたいことを、ずっと我慢をしていると、本当にイライラしますよね。

相手によって、言ったり、言わなかったり。
その場の空気を読みながら、言ったり、言わなかったり。

こんなことをしているから、イライラしたり、疲れたりするんですね。

もちろん、場をわきまえて、言っていいこと、悪いことがあるのは当然です。

決して、何を言っても構わないということではありません。
 
 
 
 
でも、自分が言いたいことを我慢していると、自分の中に押し込めている感じで、物凄く不快なんですね。

それに、我慢をしているから、冷静な判断も鈍くなりますから、勝手な思い込みや、自分や相手のことを責めてしまうこともあります。

やはり、こんなときも、自分の気持ちを紙に書き出すなどのアウトプットが大事なんだと思います。

定期的に、アウトプットしたものをふり返ると、過去の自分と現在の自分が重なり合って面白いですよ。

ちなみに、私の場合は、何でこんなことにイライラしていたんだろうと、笑って終わることが多いです。

言いたいことがあるなら、その場で自分の意見として言えばよかった。

そんな感じになります。
 

■「今日の教訓」

 
自分が言いたいこと、伝えたいこと。これらを我慢せずに、書きたいように書く。自分の中に押し込めているから、勝手な思い込みや、自分や相手を責めてしまう。定期的に書いたものをふり返ることで、自分が思っていたことと、現実とが重なりあい、気持ちに変化がでてくるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly