結果が出ないときこそ、試し続けることを忘れちゃだめなんだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

早く、結果を出したい。

そんな強い気持ちになることがあると思います。

この強い気持ちが、良い結果を出すことを邪魔しているんですね。
 

■良い結果が出るまで、チャレンジし続けることができるか

 
結果が出ず、伸びや悩むことはあると思います。

仕事もそうですし、学校の成績もそうですよね。

目的がはっきりしているものほど、現状を見たときに、このままではいけないと思い、早く結果を出したいと焦るものです。

その一方で、焦ったからといって、良い結果なんてでないことは明らか。

そうなると、こんなときこそ、無理なくコツコツと進めていくときなんだということを、結果の神様から教えられているようなものなんだと思います。

(結果の神様が存在するかどうかは、知りませんけど)
 
 
 
 
結果が出ないということは、少なくとも行動をしているということなので、何もせずにいるよりは、はるかに良い状態です。

あとは、良い結果が出るまで、チャレンジし続けることができるかにかかっているでしょう。

一人では難しいと思うなら、仲間を巻き込んでみるのもありですし、あえて中断して、別のことに取り組むことだってできるはずです。

大事なのは、結果が出ずに伸び悩むときがあるということ。

そのためには、試し続けていくことです。

どうしても、結果が出ないときは、感情的になってしまうことがあるので注意が必要ですね。

いつも、右肩上がりで成長したり、進むとは限らないってことです。
 

■「今日の教訓」

 
結果が出ず、伸び悩むときもあるだろう。結果を求めすぎるのも良くないからね。こんなときこそ、無理なくコツコツ進めていくときなんだよ。試し続けることを忘れちゃだめなんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする