続けてきた人だけが、さらに先の結果を知ることができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

結果が出ないときは、焦ったり、悶々としたりして、嫌なものですよね。

早く結果よ、出てこいって感じです。

その結果次第では、この先をどうすればいいのか。

その審判を、自ら下さなければならないことだってありますからね。
 

■結果が出ないときは、そこが成長するか、しないかの分岐点になる

 
人生とは、決断の連続だ!

と言ったのは、誰かは知りませんが、その通りだと思います。

右に行くのか、それとも左に行くのか。
いやいや、まっすぐに進むのか。
やっぱり、そのまま動かないのか。

いくつかの選択肢のなかで、それを選び、当然のことですが、選んだことでの結果が出てきます。

その結果次第で、次はどうするのかを決めていくことになります。

早く結果を知りたいと焦るときは、結果を知ったあとの行動が事前に予測できているか、知っているかだと思います。

受験の合否の結果を早く知りたいときは、合格ならその学校へ進学、不合格なら、別の学校に向けて試験勉強をするような感じですね。

でも、合格発表の日時は予め決まっていますから、その時までは合否は分かりません。

つまり、結果も分からないということです。
 
 
 
 
当たり前のことを書いていますが、結果を早く知りたいときは、落ち着きもなくし、ソワソワしていることもありえますよね。

まだこの場合は、合否が発表される日時が決まっているので、遅かれ早かれ、結果は分かります。

ただ、待っていれば結果が分かる状態です。

でも、大きな目標に向かって取り組んでいるときなどは、すぐに結果なんて分かりません。

成果が出ずに、不安を感じたり、恐れたり、迷ったり。

できることなら味わいたくはないようなことも多いものです。

だからとって、目標に向かって進むことをやめてしまったら、目標を達成することができなかったという結果を手にするだけになってしまいます。
 
 
 
 
ひとつ言えることは、続けてきた人だけが、結果を知ることができるということです。

さらに言えることは、続けてきた人だけが、さらに先の結果を知ることができます。

結果が出ないときは、そこが成長するか、しないかの分岐点になることがあります。

その大きな壁を乗り越えたときに、結果が現れるなんてことはよくあることです。

誰にだって、結果が出ないときは焦ることもあるし、心配することだってあります。もうやめようかなと思うこともあるでしょう。

ちょうどその部分が成長の分岐点になると思って、少しずつでもいいから進めていけば、この先の結果を見ることができるようになりますよ。
 

■「今日の教訓」

 
続けてきた人だけが、さらに先の結果を知ることができる。だから、結果が出ないときこそ、そこが成長の分岐点になるんだ 。もし、先の結果が気になるなら、少しずつでもいいから進めていこう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo by Quino Al on Unsplash
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

問いかけに対する解答と行動次第で、その後の結果にも大きな影響を与えていく

チェックリストを使っていると、相手から引いた目で見られることがある

継続するための秘訣は、当たり前のことを続けることができる仕組みを作ること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする