自分の思い通りに行かないときに思い出している言葉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分の思い通りに行かないときって、イライラしませんか。

あー、もー、じれったいなー。

心の中の自分が叫んでいることに気づくこともあります。
 

■自分ができることをやっていく

 
自分ひとりで生きているわけではないので、「思い通りに行かないことはある」ことはよく分かっているつもりです。

電車に乗っていたら、踏切事故で止まってしまったり、約束をした時間に友人が来なかったり、注文した料理を従業員が間違えて運んできたり。

こんなことは、誰にでもありますよね。

そして、こんなことでイライラしていたら、それこそ何もできないじゃないかと思うこともあります。

自分が思っている想定外のことが起こると、イライラしてしまうんですね。

同時に、人生は想定外のことが起こるのは当たり前だとも思っている。

それじゃあ、どうすればいいのかってことになりますが、自分なりに考えてみたのですが、最終的にはここに戻ってきてしまいました。

思い通りに行かなくても、いま自分ができることやる

これもまた当たり前の答えしか出てきませんでした。

想定外のことが起きても、起こらなくても、自分ができることしかできないんだということですね。

今のところ、これが自分にとっては最強の言葉になりました。

イライラすることがあっても、腹を括って、自分ができることをやっていくほうが、最後には良い方向へ進みますよ。

あなたは、思い通りに行かないときの対策はありますか。
 

■「今日の教訓」

 
「思い通りに行かなくても、いま自分ができることやる」。ある意味、これが最強だと思う。想定外のことが起きてしまっても、自分ができることしかできないしね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

他人の言動にイラッとするなら、記録を残しておくべき

目に見える行動をすることで、イライラが薄くなっていく

私がやっている気持ちを切り替える方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする