大人と子供の経験値の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

そんなこと知っているよ。当たり前だろ。

最近のことを思い出してみてください。

もし、知っていることばかり、当たり前のことばかりだったなら、新しいことを試していないのかもしれません。
 

■子供たちなりに経験値を集め回っている

 
大人になると、子供たちの行動を見て、自分が子供だったころと比べませんか。

大人ですから、これまでの経験があるので、どうしても上から目線で見てしまうと思います。

なぜなら、子供たちを見て、それ知っているよ、当たり前だろということを、子供は何も知らないので、うまくいかなかったり、失敗したりしている姿を見ることになるからです。

大人のほうが、子供たちよりも経験値が多いからです。ゲームの世界なら、大人はレベル40で、子供たちはレベル4といったところでしょうか。

大人は、経験値が多い分だけ、知っていることや、やってはいけないこと、覚えておくべきことなどを学んでいるので、何も知らない子供たちよりも、様々なことができますよね。

ただ注意が必要なのは、経験値が多い分だけ、あえて違うことをやってみたり、試してみたりすることが減っている可能性があるということです。
 
 
 
 
しかし、経験値が少ない子供たちは違います。

好奇心旺盛で、失敗したり、恥をかいたりすることなんて関係ありません。自分勝手に動き回って、自分が好きなことをしていませんか。

もちろん、子供だから許されるところもありますが、子供たちなりに経験値を集め回っていると考えてみると、私たち大人も油断してはいけないと思うのです。

大人のように、相当数の経験値があって、レベルも高い場合、さらに経験値を集めるためには、あえて違うことやってみたり、試してみたりすることが大事になってきます。

それが、新しいことに挑戦していくことになっていくんですね。
 

■「今日の教訓」

 
あえて、違うことをやってみる、試してみることは大事なこと。でも、大人になると、それ知っているよ、当たり前として、処理してしまうことのほうが多い。子供のころを思いだそう。失敗し、恥をかくことがあったかもしれないけど、新しいことに挑戦していたよね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

失敗が続いたからといって、やめるのはもったいない。新しいことに挑戦したいと感じるまでは、やってみたほうがいい

失敗を、いい勉強になった、いい経験をさせてもらった。そんなふうに思えたなら、成長するスピードも速くなる

チャンスに巡り会う確率を増やすには試してみなければ始まらない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする