ダメな部分、失敗や未熟は、成長するための材料になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

オレって、ダメだなー。

そんなことを思うことがあります。

でも、ダメな部分があるのは、悪いことじゃないと思っています。
 

■自分が成長したなと感じるために必要なこと

 
自分が成長したなと、初めて感じたのは小学生になる前だったと思います。

自転車の補助輪なしで乗る練習をしていたときでした。

周りにいる子供たちは、私よりも年上で、みんな補助輪なしで自転車を乗っていました。

とにかく、みんなに追いつきたい。自由に、自転車を運転したい。

そんな気持ちでいっぱいでした。

親と一緒に自転車に乗る練習をしたり、自分一人で練習したり。

自転車に乗っては転びの繰り返しだったので、ダメなヤツだなあと思っていました。

それでも、何度も繰り返し練習をしていると、少しずつ自転車に乗っている時間が長くなり、ついにその時がやってきました。

補助輪なしで自転車に乗れるようになりました。やったー!
 
 
 
 
いつものように練習をしていたら、いきなり乗れるようになったので、驚きと嬉しさが同時にやってきて、ちょっとしたパニックになったことを覚えています。

このとき、ダメな部分があるのは、悪いことじゃない。練習して自分のものにすればいいことを学びました。

過去に失敗があり、未熟なところがあったからこそ、自分が成長したなと感じることができるんですね。

だから、ダメな部分、失敗や未熟は、成長するための材料になるといえますね。

ダメな部分、失敗や未熟が、どんなものか分かっていないと、成長したかどうかも分からなくなるってことですね。

あなたは、成長を感じるときは、どんなときですか。
 

■「今日の教訓」

 
自分が成長したなと感じるときは、過去に失敗があり、未熟なところがあったからこそ。ダメな部分があるのは、悪いことじゃない。失敗や未熟は、成長するための材料になるから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

失敗を、いい勉強になった、いい経験をさせてもらった。そんなふうに思えたなら、成長するスピードも速くなる

経験を次に活かしたいなら、損をして、無駄だと思う経験もしたほうがいい

失敗したからダメだと決めつけていたら、そこからは何も生まれないよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする