当たり前のことに、感謝することができていますか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

感謝することって大切なことだと思っているのですが、これがなかなか難しい。

いったい、何に感謝すればいいのか迷っていたことがあります。
 

■感謝というものは、何か特別なものだと思っていませんか

 
感謝することに慣れている人は、ごく普通に、自然に感謝しているんじゃないかと思います。

それは、言葉に出すだけではなく、心の中で感謝しているものも含まれます。

感謝をしているときは、ありがたいという気持ちもありますから、そこには怒りや嫉妬などが入る余地はありませんよね。

心が穏やかじゃなければ、感謝するのは難しいかなと思うのです。

でもだからといって、感謝ができないというのはおかしな話ですよね。

ただ、感謝することが難しいと感じているだけですから。
 
 
 
 
感謝というと、何か特別だと感じてしまうのは私だけでしょうか。

たとえば、子供のころ親から感謝をしなさいと言われて、素直に感謝することができればいいのですが、私には無理でした。

感謝というものは、何か特別なものだと思っていたからです。

大人になった今では、感謝とは当たり前のようにしていること、当たり前のように使っているものにすればいいと思うようになりました。

このブログを書いているときに使うPCに感謝をすることもできますし、今このブログを読んでくださっている、あなたにも感謝しています。

目の前の当たり前のことに、感謝することができれば、グラグラしている心だって、現在にピタッと合わせてくれます。

きっと、これが「心を穏やかにする」ことになるんですね。
 

■「今日の教訓」

 
毎日、当たり前のようにしていること、当たり前のように使っているもの。この当たり前のことに感謝することに気がつくだけでも、グラグラしている心を、現在にピタッと合わせてくれるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

「良かったこと」と「感謝」は、とても近い関係なのです

悪い出来事が重なっても、良いことがある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする