行動したという経験値を使うことで、人を助けることができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

最期は、自分から行動をしなければならない。そんなことを考えていました。

特に、情報や知識を知ったときは、動いてみることが大事です。
 

■知識や情報を得たあとに、行動することができているか

 
今は、何か分からないこと、知りたいことがあれば、Googleで検索すればいい。

そんなことは、当たり前になりました。

誰かに相談するよりも先に、スマホから検索できちゃうわけです。

ほんと、便利な世の中になったもんだなと思いつつも、動きが鈍くなったというか、動かなくなったとも感じています。

検索をして、情報や知識を知ったら、そこで終わってしまうんですね。

安心してしまうせいか、その後の行動が止まってしまうことがあります。

富士山の頂上に行きたいと思いつつ、山の麓を歩きまわっているようなものです。

大事なのは、(頂上を目指して)行動することが必要なのに。
 
 
 
 
知識や情報を得るのは、他人の力を借りてできますが、行動するためには、自分の足で前に進むしかありませんよね。

知識や情報を得たあとに、行動することができれば、今度は自分から、困っている人を助けることができるようになります。

行動したという経験値を使うことで、人を助けることができるわけです。

それは、直接声をかけて助けることもできますし、自分が困っていたことを、どのようにして解決をしてきたのかを、ブログに書くのもいいでしょう。

自分から行動をすることによって、知らないうちに人を助けることができていることもあるのです。
 

■「今日の教訓」

 
分からないことを教えてもらったり、誰かに相談したりすることもできる。でも、最後は自分から行動しなければいけないときがやってくる。そして、自分の足で歩み始めたとき、今度は自分が、困っている人を助けることができるようになるんだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

すぐに行動できるようにするためには、アドリブも必要である

得たい結果を目標とするのではなく、行動することを目標にしてみよう

小さな変化を繰り返していけば行動を変えることができるようになる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする