どうしても気になるものがあるなら中途半端になったとしても始めたほうがいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3391941385_b095a09a88
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やりたいことがあるのに、全然できない。

そんなときは、最初にやる時間を作って、中途半端な状態になってもいいから始めてしまうことです。
 

■中途半端になってもいいから、始めてしまえば流れが変わる

 
どうしても、気になることがある。
ずっと前から、やってみたいことがある。

多かれ少なかれ、あるのではないでしょうか。

私も、気になった本は読んでみたいと思いますし、早く読んでみたい一心で衝動買いをしてしまうこともあります。

でも、本を買ったからといって、すぐに読むとは限らないことも事実です。
いわゆる、積ん読の状態です(笑)。

せっかく、読みたいから、本を買ったのに、読まない本が増えていくのは、ちょっと複雑な気分に私はなってしまいます。
 
 
 
 
こういったものは、気になりだすと、もう止まりません(笑)。時間があったら読みたいという気持ちが強くなったかと思うと、本を買ったことを忘れてしまう。

しかし、何かのきっかけで思い出し、本を読みたくなる(笑)。

だから、読書の時間を作るべきだと考えたりもします。

では、いつやればいいのか。

これは、生活習慣に関わってくるので、これがベストというものは人それぞれですよね。

ちなみに、私の場合は、朝の時間帯か、できれば午前中にやるのがベストだと思っています。

たとえば、朝の時間帯に5分だけ本を読んだとしても、本の内容にもよりますが、ほとんど進みませんし、内容も頭の中に入ってこないこともあります。

でも、どうしても気になって読みたいなら、とりあえず読み始めてしまったほうがいいです。

たとえ、中途半端になったとしても、読み始めたのですから、一歩前進です。

気になっていることを、中途半端でも始めてしまえば、そこから流れが変わってくると思うのです。
 

■「今日の教訓」

 
どうしても気になるものがあるのなら、最初にやる時間を作ってみるのも良いと思う。たとえ、中途半端になったとしても、やり始めたことに変わりはないし、また違う気持ちになるんじゃないかな。
 
 

 
 

 
credit: .::Danka::. via FindCC
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする