自分は、どうなりたいのか。様々な角度の切り口を見ていこう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分は、どうなりたいのか。

よく考えることの一つです。

でも、どうなりたいのか分からないことも多いです。
 

■自分はどうなりたいのかを形にしている

 
自分は、どうなりたいのか。

それが分かっていれば、苦労はしないよ。

と、思うこともありますが、すでにそれをしているともいえます。

たとえば、私はこのブログを書いています。

これは、自分はブログを書きたいから、PCに向かって書いているともいえるわけで、今やっていることが、その答えになるのではないでしょうか。

無意識のなかで、やっていることも多いのです。
 
 
 
 
いやいや、それでも、どうなりたいか分からないなら、様々な角度の切り口を見ていくのも一つのやり方です。

不満が解消されたら、どうなるのか。
どうなったら、楽しいのか。嬉しいのか。
何が無くなったら、楽になるのか。

ここでも、質問が有効だと思います。

自分で、突っ込みを入れ続けていくうちに、どうなりたいのか、その目的も自ずと分かってくるものだからです。

ちなみに、私がブログを書いているときは、

●自分が考えていることをアウトプットする場所
●ストレスの発散
●アウトプットし続けることでの気づき

など、ブログを書いていくことで、「自分はどうなりたいのかを形にしている」と考えています。
 

■「今日の教訓」

 
自分は、どうなりたいのか。それは、不満が解消されたら、どうなるのか。どうなったら、楽しいのか、それとも嬉しいのか。様々な角度の切り口を見ていくことで、目的も自ずと分かってくるものだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

漠然とした不安という、曖昧な状態から脱出するために

ひとつの決断をするたびに、目的がより明確になっていく

目標を設定したら、目標を減らせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする