自分が好きなことをする時間を、1日のどこかに用意しておこう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分が好きなことは何か。

これを知っていると、何かとお得なような気がしています。
 

■自分が好きなことを知っていれば、周りの流れに対して杭を打ち込むことができる

 
自分が好きなこと、やりたいことを知っていると、それを基準にして物事を考えることができるようになると思います。

大事なのは、本当に好きなことや、やりたいことを知っているかどうか。

周りにいる人や、流行に関係なく、自分が好きなこと、やりたいことを知っていると

◦毎日の生活のなかで、自分が好きなこと、やりたいことができているか分かる

◦自分が好きなこと、やりたいことをするために、No(ノー)と断ることができる

◦自分が好きなこと、やりたいことをするために、自分の生活習慣について考えるようになる

何でもできるわけではありませんが、自分が好きなことを知っていれば、周りの流れに対して杭を打ち込み、自分の考えを主張することも可能になります。

自分が好きなことをするためには、生活習慣を変えることも必要になるので、他のことをやらないという決断にもなりますし、優先順位が低いものは思いきってやらないという決断もできます。

いちばんの理想は、自分が好きなことをする時間を、1日のどこかに用意しておくことでしょうか。

自分が好きなことに時間を使うことは、同時に時間を最大限に活用するためにはどうすればいいのかを考えることになりますよね。
 

■「今日の教訓」

 
自分が好きなことをするためには、他のことをやらないという決断にもなるし、優先順位の低いものは、先送りをするか、誰かに任せるなどの工夫が必要になる。自分が好きなことをする時間を、1日の中のどこかに用意しておきたいね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

1日をふり返り、後悔するときは、やりたいことができなかったとき

タスクリストやチェックリストの順番を守ると、考える時間や悩む時間を短くすることができるよ

1日の流れを決める、流れを変えるチャンスは、朝の時間の使い方で大きく変わってくる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする