無理なことが分かっているのにやってしまうのも人間なんだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

コツコツと進めていくのが好きな私でも、気がつくと、一気にまとめて処理しようとしていることがあります。

まずは、1つずつ片付けていくのが王道だと思っています。
 

■コツコツと進めていく派の私でも、一気にまとめて処理をしようとしてしまう

 
一気にまとめて進めていくのか。それとも、コツコツと進めていくのか。

このテーマについては、何度もブログに書いていることです。

それだけ、私にとっては気になるテーマなんですね。今回も、このテーマについて書きたくなったので、ブログに書いていこうと思います。

私は、コツコツと進めていくのが好きなので、できるだけ、一気にまとめて処理をしないような行動をするようにしています。

期限ギリギリになって取り組んだりしないようにしているわけです。毎日少しずつ取り組むように心がけています。
 
 
 
 
そんな私でも、一気にまとめて処理しようとしてしまうことがあります。

もちろん、一気にまとめて処理したほうがいい場合もあるので否定するつもりはありませんが、コツコツと進めていくタイプの人間が、一気にまとめて処理しようとすると、やはり疲れます。

激しい運動をした翌日の筋肉痛みたいな感じですかね。

筋肉痛がひどすぎると、行動にも大きな影響がでます。というより、体の動きが鈍くなりますよね。

その筋肉痛が回復することで、さらに大きな負荷にも耐えられるようになりますが、一気にまとめて処理をするという、作業の取り組み方を同じように考えることには、やはり無理があります。

コツコツと進めているときは、翌日になっても、程良い疲労を感じるぐらいで、ほとんど影響は少ないです。
 
 
 
 
コツコツと進めていく派の私でも、一気にまとめて処理をするのは、よく考えてみると、それは無理だと分かっているのですが。

無理なことが分かっているのに、一気にまとめてやろうとしてしまうのを防ぐには、チェックリストのようなものを作り、一つずつ処理していかなければ先には進めないことが理解できるようにすればいいのかなと思いました。

ぜんぶ、いっぺんに解決することはできないんですね。
 

■「今日の教訓」

 
一気にまとめて処理しようとするのが人間であり、そんなの無理なことが分かっているのも人間なんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

点数をつけると無理な行動をしなくなる

無理だ、不可能だと思っていることを、実現させていくために

あなたは、無理なく続けていくためのコツを知っていますか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする