私の現実版ヒット&アウェイ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

なかなか始めることができなくて困っているときは、「ちょっとだけやって、様子を見てみる」が有効だと思っています。

ほんのちょっと、ほんの少しだけやればいいので、抵抗も少ないのではないでしょうか。
 

■地味な攻撃でも、何回も繰り返すことで、強い敵も確実に倒すことができた

 
ヒット&アウェイ。

この言葉を初めて聞いたのは、私が10代の頃、RPG (ロールプレイングゲーム)に夢中になっていた時だと思います。

特に、「ハイドライド」や「イース」という名のゲームなどのアクション(動くこと)が必要とするRPGでした。

強い敵に対して、一気に倒そうとすることができないので、1回だけ攻撃をして、その後すぐに敵から離れ、自分の体力が回復したら、また攻撃をするということを繰り返して、少しずつ強い敵のHP(体力)を奪いつつ、最終的に強い敵に勝てるという、いわば戦法ですね。

ヒット&アウェイと聞くと、何かすごい戦法のように聞こえますが、実際にやっているところを見れば分かるのですが、はっきりいって地味な戦い方でもあり、1回ずつの攻撃なので、強い敵であればあるほど、倒すまでに時間がかかります。

地味な攻撃でも、何回も繰り返すことで、強い敵も確実に倒すことができるので、ゲームを攻略するうえで必要な戦い方でした。
 
 
 
 
でもこれは、あくまでもゲームの世界の話。

現実版のヒット&アウェイは、どんな感じになるのでしょうか。

私の場合は、「ちょっとだけやって、様子を見てみる」ということをしています。

ちょっとだけやる(1回だけ攻撃をする)と、様子を見てみる(自分の体力を回復させる)みたいな感じですね。

ちょっとだけやって、様子を見てみる。これって、結構いい感じで、先送りを防げるのではないかと思ったのでよくやっています。

ちょっとだけやるだけなので、失敗したり、うまくいかなかったりしたら、すぐに中断することもできますし、撤退することもできます。

様子を見てみる時間があると、全体を俯瞰する時間としても使えるし、そのまま休憩してみるのもいいでしょう。

自分のヒット&アウェイを身につけていると、体力を無駄にせずに使うことができるようになりますよ。

あなたも、ヒット&アウェイを始めてみませんか。
 

■「今日の教訓」

 
ちょっとだけやって、様子を見てみる。これも、先送りを防ぐ対策になるだろう。失敗したとしても最小限に抑えることができるし、様子を見る時間を作ることで、全体を俯瞰することもできるようになるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

先送りをしていると、物を言わない「期限のないタスク」たちが増殖する

タスクを先送りしていると、どんな気分になりますか

ずっと先送りしているタスクを処理すると、スッキリする。それだけ負担が大きいということ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする