他人のせいにして、言い訳をするのは避けたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

親、兄弟、知人、友人、会社の仲間、近所の人。

意識していなくても、周りにはたくさんの人たちがいますよね。

だからこそ、自分自身を大切にしていこうと思いました。
 

■自分で決めるべきことを決められないことがあるか

 
1日の時間のなかで、一人でいる時間は、とても大事なものです。

じっくりと物事を考える時間、何もしない時間。

独りぼっちは、寂しい気もしますが、やはり一人でいる時間は必要だと思います。

その一方で、周りにいる人たちも、やっぱり大事で大切な人たちです。

これは、自分一人では無理だと思っていることでも、家族や友人たちのひと言で動き出すこともありますし、お互いに助け合うこともできるわけで、これは一人ではできないことです。

ただ、周りにいる人たちに気を遣いすぎ、影響を受けすぎると、自分のことを見失うこともあるので、注意したほうがいいですね。

何が楽しいのか。何が豊かなのか。

本当は自分で決めることができること、決めるべきことを決められないことがあると、周りにいる人たちを責めることになってしまいますから。

他人のせいにして、言い訳をするのは避けたいところです。

一人でいる時間と、他人といる時間。

どちらも大事なことであると同時に、偏りすぎるのは良くないってことですね。
 

■「今日の教訓」

 
何が楽しいのか、何が豊かなのか。本当は自分で決めることができるもの。でも、周りにいる人たちに気をつかったり、影響を受けたりして、本当の自分を見失っているかもしれないよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

良いことに気づく感度を高めるには、自分で決めることが大切だ

だからこそ、決めたんです。やりたいことを真っ先にやることを。とにかく始めてしまうことを

今やっていることは、誰のためのものなのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする