人生を掃除に置き換えて考えてみると

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

人生は、決断の連続だ!

そんな言葉が本に書いてありました。

が、人生だとスケールが大きすぎて、いまいちピンとこないんですよね。
 

■自分らしさを取り戻すために

 
生まれたばかりの赤ちゃんや、自立ができていない子供などは別として、今ある状態は、決断した結果ですよね。

でも、人生は決断の連続だといわれ、素直に頭のなかに入らないんですね。私の場合。

こんなときは、すぐに他のことにたとえることができないか考えます。

噛み砕いて、自分の頭で理解できるようにするためです。

私は、人生を掃除に置き換えて考えてみることにしました。
 
 
 
 
掃除も、やるか、やらないかを決断する必要がありますし、その結果によって、その後の状態も変わるからです。

簡単に捨てられるもの、捨てられないもの。本人しか分からない気持ちもあります。

人生の決断も、簡単にできること、迷うこと、自分にしか分からないこと、自分にしかできないこと。

何となくですが似ているところがあると思うのです。

掃除の場合は、掃除をするという決断をして行動をすれば、掃除をした場所が綺麗になりますし、清潔にもなります。そうなってくると、気持ちにも変化が現れるでしょう。

掃除をしたあとは、自分に必要なもの、ふさわしいものを取り入れることもできます。

人生の決断は、掃除のときのようにはいきませんが、決断をして行動すれば、確実に一歩前には進むことができますよね。

人生も決断をしていくことで、ふさわしくないものを処分し、自分らしさを取り戻すこところに近づくことができると思うのです。

さあ、あなたの次の決断はなんでしょうか。

あなたの人生にふさわしくないもの、いらないものを掃除しちゃいましょう。
 

■「今日の教訓」

 
掃除は、決断の連続であると思う。簡単に捨てられるもの、捨てられないもの。本人にしか分からない気持ちや想いがある。ふさわしくないものを処分して、自分らしさを取り戻そう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

自分との約束を守る練習をしよう

他人ではなく、自分を基準としているか

人生観が変わる瞬間とは、こんなとき

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする