未来は、今日何をやっているかできまる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

今の状態に不満があるなら、それは今までやってきた結果が、不満を感じるようなものだっただけ。

不満がはっきりしているなら、そうならないように対策を考えることもできますよね。
 

■今やっていることは何か真剣に考えて、実行に移すこと

 
最初に伝えたいことを書くとするなら、「未来は、今日何をやっているかできまる」ということです。

こんな分かりきったことなんですけど、不思議なことに今日という1日をそこまで深く考えて行動をしている人は少数だと思います。

明日どうなるのかも、分かりませんよね。

それにも関わらず、明日は必ずやってきて、いつものように1日を過ごすことが当たり前だと思っています。
 
 
 
 
たとえば、体を壊し長期療養をすることになったとしましょう。

健康でいることが当たり前だったのに、ある日突然、体の自由を失い、いつもの生活がちょっとできなくなるだけで冷静さを失います。

もしここで、「未来は、今日何をやっているかできまる」ことを考えることが少しでもできるなら、今やっていることは何か真剣に考えて、実行に移すことができるでしょう。

今やることを丁寧にやっていく。それしかないし、それがいちばんベストなんですね。

でも、これが理解できないのも人間だし、理解していても何もしないのも人間です。

完璧にできる人はいませんが、自分なりのベストなら尽くせるはずですよね。

あなたは、今できることを丁寧にやっていますか。
 

■「今日の教訓」

 
今の状態にあるのは、今までやってきた結果である。未来を少しでも良くしていくためには、今やっていることは何か真剣に考えて、実行に移すこと。今やることを丁寧にやっていく。それしかないし、それがいちばんベストなんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

未来の自分が、現在の自分よりもラクに動けるように、タスクどうしを組み合わせていく

愚痴や不満を考えているときは解消するための具体的な行動をすればいい

現実とは、「今」のこと。過去のことで悔やみ、未来を不安に感じたとしても、いま置かれている現実が一番大事ってこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする