何かに挑戦して失敗するのと、何もせずに失敗するのとの違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

何もしないから、失敗はしない。

もしそう思っているなら、そろそろ目には見えない失敗に目を向けるときがきましたね。
 

■目には見えない、気がつかない失敗がある。それは、チャンスを逃してしまうこと

 
失敗を避けようとする。失敗を恐れる。

これは、普通だと思います。正常ですね。

誰だって、安全なルートを選びたいものですから。

でも、失敗を避け、恐れてばかりでは、いけないことも分かっていると思います。

まず、成長することが難しくなります。

失敗をするからこそ、次は同じことを繰り返さないようにしようと思いますし、失敗をすることで、そのことに対する痛みを知れば、他人が同じことをして失敗したときに共感することができます。

もう一つは、経験することが圧倒的に少なくなります。

経験が少なくなるということは、体験が少なくなるということ。

これも成長することが難しくなることの一つですけど、体験が少なくなることで、退屈な生活になり、これはこれで辛いものですよね。
 
 
 
 
何も考えずに挑戦して、失敗しろとは言いませんけど、何もしない状態が続けば、その後は少しずつ衰退していくというのは、多くの方が思っていることではないでしょうか。

何もしなければ、失敗することは減ります。

それは、目に見える、感じ取ることができる失敗です。

その一方で、目には見えない、気がつかない失敗は、チャンスを逃してしまうことです。

何かに挑戦して失敗しても、何もせずに失敗しても、どっちも失敗ですけど、何もせずに失敗するときは、同時に目には見えないチャンスも失っていますよ。

何もしない失敗ほど、恐ろしいものはないってことです。
 

■「今日の教訓」

 
何もしなければ、失敗することはないだろう。でも、目には見えない、気がつかない失敗はある。それは、チャンスを逃してしまうことなんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

他人のせいにしていると、失敗や間違いは永遠に続いてしまう

チャンスをつかむには、チャンスだと思ったことに飛びつけばいい

失敗や間違いが笑い話になることもある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする