新しいことを始めて手応えを感じるまでにやっていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9488099707_6ef700fa3d
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

昨日の記事では、一区切りつければ、そこがスタートラインになるということを書きました。
 
決断をして区切りをつけることは、気持ちを切り替えることになる | かずスタ – kazstyle.jp

 
でも、スタートラインに立って、新しいことを始めるときは、それなりに時間もかかるものですよね。
 

■手応えを感じるまでに時間がかかるほど、その感覚に気づいたときの喜びは大きなものとなる

 
よし、やるぞ!

気合を入れて、いざ始めようとしても新しいことは、なかなか始められないことがありませんか。

まだ、やることに慣れていなかったり、何から始めたら良いのかわからなかったり、何かと手間と時間がかかったりするものですよね。

たとえ、すぐに始めることができたとしても、手応えをつかむことができなかったり、結果が出ずに悶々とした日々を送ることもあるかもしれません。

それでも、できることを一つずつやっていくしかないと思います。

新しいことを始めるわけですから、うまくいかないことがあるのは自然なことだと思えれば、少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。
 
 
 
 
私も、新しいことを覚えるには何倍もの時間がかかる人間です。要領が悪いというか、おっちょこちょいというか(笑)。

そんな私ですが気をつけていることがあります。それは、「できないこと」ではなく、自分が「できること」をやることにしています。

新しいことを始めるのに、自分ができることなんてわからないでしょと、突っ込みが入りそうですが(笑)、自分で調べたり、人に聞いたりすることはできるはずです。

手応えを感じるまでには、一定の時間がかかりますが、それでも一つひとつやっていくしかないと思うのです。

畑仕事のように、ただ種をまくだけでは、作物は育ちません。畑を耕し、肥料と水をあたえ、雑草を取り除き、台風などの自然災害から守る工夫をし、苗を育てるようなものです。

みなさんは、新しいことを始めるときに気をつけていることはありませんか。

手応えを感じるまでに時間がかかるほど、その感覚に気づいたときの喜びは大きなものとなるのです。
 

■「今日の教訓」

 
新しいことを始めるときは、何かと時間や手間がかかるもの。それでも、一つひとつ確実にやっていくしかない。手応えを感じるまでには時間がかかると思うんだ。
 
 

 
credit: Walid Mahfoudh via FindCC
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする