結果がどうなるか分からないときに必要なもの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

未来は、どうなるか分かりません。

そう、どうなるか分からないんです。
 

■ちょっとしたことでも、勇気を試すことができる

 
どうなるか分からない未来だから、誰も結果なんて分かりません。

予想することはできます。

成功するかもしれない。
失敗するかもしれない。

計画を立てることもできますし、誰かに相談することもできます。

できることは、たくさんあると思います。

ただし、ここでの「できる」は、結果がでる前の段階です。

まだ、準備段階ですね。

実際に、行動を起こしたわけではないので、結果はでていません。

当たり前のことなんですが、一部の人たちは、この状態を「行動をした」と認識しているようです。

私も、そう思い込んでいたときがありました。

おかしいことに気づいたのは、行動記録を残し、ふり返っているときです。

準備することばかりに気を取られ、何も行動を起こしていないことに気がつきました。

まだ、準備段階なのに、すでに行動を起こしていると思い込んでいたのです。
 
 
 
 
実際には、何も始めていないわけですから、結果はでていませんし、うまくいったかどうかも分かりません。

これって、怖いことだと思いました。

現実には、何もやっていないのに、行動起こしたと勘違いしているからです。それなのに、結果を求めているという矛盾もあります。

結果を知りたければ、やるしかありません。

小さなことでも、行動を起こしていくことで、自分はここまでできたんだという結果が現れます。

もちろん、良い結果とは限りませんけど。

でもこれは、勇気が試されているんだと思います。

結果は、どうなるのか分からないけど、行動を起こしたからです。

たとえば、資格試験の勉強をするつもりなのに、始めようとしない。参考書を買いあさり、ネットで情報収集しかやっていないのに、「行動をした」と認識していることもありますよね。

勇気が試されるのは、資格勉強をした結果はどうなるのか分からないけど、合格に向けて具体的な行動を起こせるかどうかです。

ちょっとしたことでも、勇気を試すことができると思っています。

結果がどうなるか分からないときに必要なものは、「行動を起こす勇気」ではないでしょうか。

もし、何か先送りをしていて気になることがあるなら、あなたの勇気で行動を起こしてみませんか。
 

■「今日の教訓」

 
やってみなければ分からない。それは、誰も結果は分からないということ。結果を知りたければやるしかないともいえる。こういう時に、自分の勇気が試されるんだ。そして、やった人だけが自分の勇気の存在に気づくことができるんだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo by Denys Nevozhai on Unsplash
 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

朝一番に、やりたいことをやってしまうと、1日がグッと楽になる

行動記録を残していくと大切なことを先にやったほうが良いことがわかってくる

やればできると思っているなら、あとは実際に行動を起こすだけなんだよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする