出来事を記録に残しておけば、心配や、迷うことを減らすことができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

確実に一歩前に踏み出すためには、どうすればいいのか。

まずは、心配や、迷うことを減らすことができないか考えてみましょう。
 

■成功したこと、失敗したこと。効果があったこと、効果がなかったこと

 
あなたが初めて行く店が分からず、通りすがりの人に聞いてみたら、次のように答えてくれました。

「この道を、まっすぐに行って、突き当たりを右に進んでください。しばらくすると、左側に郵便ポストがありますから、その角を左に曲がって、横断歩道のそばに、お店がありますよ」

・まっすぐに行って、右に進む
・左側の郵便ポスト
・その角を左に曲がり、横断歩道の側に、お店がある

きっと、頭の中でこんなことを想像しているのではないでしょうか。

これだけの情報があれば、目的地であるお店にたどり着くことは難しいことではないと思います。

そして、一度でもお店に行くことができれば、次回からは迷わずに行けるでしょう。

もしそれでも不安なら、今回の件について記録を残しておけば、いつでも再利用することができるようになります。
 
 
 
 
今なら、地図アプリで検索して調べてみれば、道に迷うことは少ないかもしれません。

だからこそ、成功したこと、失敗したこと。効果があったこと、効果がなかったこと。

出来事を記録に残しておくことを、おすすめします。

アプリは、とても便利なものですが、もともと万人向けのアプリなので、あなたが、「成功したこと、失敗したこと」。あなたにとって、「効果があったこと、効果がなかったこと」なのかまでは分かりません。

あくまで、アプリを利用する人間の裁量に任されているからです。

出来事を記録に残しておけば、確実に一歩前に踏み出せるきっかけにもなりますし、心配や、迷うことを減らすことができるので、それに併せてアプリを使っていけば最大の効果を発揮してくれるでしょう。
 

■「今日の教訓」

 
成功したこと、失敗したこと。効果があったこと、効果がなかったこと。記録に残しておけば、確実に一歩前に踏み出せるエネルギーになる。心配や、迷うことを減らすことができるからね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

「分かっているのに、やらない」ことがあるなら、思いきって違うことをしてみよう

今まで積み重ねてきたものを出すことができますか

自分が思っていることがはっきりしているから、物事がうまくいく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする