うまくいかない時こそ、あともう一撃食らわしてやるという気持ちはあるか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

「うまくいかない」と思ったとき、そこでやめますか。それとも、続けますか。
 

■うまくいかない時こそ、どうするのか

 
うまくいかない時は、何をやってもうまくいかない。

そう思い込んでいるところはありませんか。

たしかに、立て続けに嫌なことが起こることもあります。

なんでオレばっかり、こんな目にあうんだ。

と思うのも仕方がありませんよね。

うまくいかないことが、続けて起こるようだと、自分は運にも見放されたと思うことがあるのではないでしょうか。

でも、よく考えてもらえば分かりますが、うまくいかないことが続いたとしても、必ずしもそこに関係があるとは限りません。

偶然が重なり、たまたまそうなってしまっただけのことかもしれないからです。

そのことを確かめたければ、実際に嫌な出来事を書き出して、関係があるのか、つながりがあるのかを見れば分かることです。

・傘を忘れてしまった
・駅のホームで、階段から落ちそうになった
・上司に、勤務態度について注意された

たとえば、この3つが嫌な出来事だったとしても、特別な関係があるとは思えませんよね。
 
 
 
 
でも、うまくいかない時は、些細なことでも大きな壁に見えて、障害になっているように思えてしまうものです。

そこでやめてしまうのか。

つまり、オレは運がないと諦めたり、愚痴を言ったりして、そのまま腐ってしまうのか。

それとも、まだ終わりではない。ここから始めてやるぜ!と思い、あともう一撃を食らわしてやるか。

あなたは、どちらを選ぶでしょうか。

うまくいかない時は、誰にでもあります。

ただし、うまくいかない時こそ、どうするのか。

試されているんですね。

ここが、踏ん張りどころですよ。
 

■「今日の教訓」

 
うまくいかない時、そこでやめてしまうのか、もうひと踏ん張りするのか。決断するのは難しいかもしれないけど、あともう一撃食らわしてやるという気持ちはあっていいと思う。まだ気持ちが残っているなら、もうひと踏ん張りできるチャンスがやってくるから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

どこを改善したらよいのかわからないとき、まずは行動記録をのこすところから始めてみませんか

時間割の効果!時間の使い方に意味を持たせることで、何となく時間がすぎていることは減っていく

勝手な想像をしているとき、自分の行動が制限されている可能性がある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする