できるところまでやる。行けるところまで行く。進めるところまで進む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やれることは、すべてやってみた。

そう思えるなら、あとは結果を待つだけですが、果たしてそこまで言い切れることができますか。
 

■「やれることは、すべてやった状態」は、何もしなければ体験することができなかったこと

 
物事を進めていくうえで、選択肢はたくさんあると思います。

その中から、

・できるところまでやった
・行けるところまで行った
・進めるところまで進んだ

と言い切ることができるなら、それだけの行動をしたということです。

行動した分だけの経験値もあります。

うまくいったこともあるし、うまくいかなかったこともあるでしょう。

しかし、「やれることは、すべてやった状態」は、何もしなければ体験することができなかったことは確かなことです。

日常生活のなかで、「やれることは、すべてやった」という状態は、いつあったでしょうか。

完璧にやれとは言っていません。

一つだけでもいいので、すべてをやりきったと言えることがあれば、それがその日にやったこととして強く印象に残り、その出来事が記憶として残ります。

今日もいろいろあって大変だったけど、これだけはやったんだと胸をはることができるのです。

すべてをやりきったことで、さらに先の景色を見ることができるので、それが自信になり、明日も頑張ろうという気持ちもでてくると思います。

何もしなければ、何も変わらないでしょう。

その代わり、その日は何もしなかった(できなかった)ことが強く印象に残り、記憶として残ってしまいますよ。
 

■「今日の教訓」

 
できるところまでやる。行けるところまで行く。進めるところまで進む。やれることは、すべてやってみること。そうすれば、さらに先を見ることができる。もちろん、何もしなければ、何も変わらないけどね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

Aがダメなら、Bでいこう。代替案を用意しておくと安心して行動することができる

こんなふうになりたいを実現していくために、分かっているけどやっていないこと

他人に嫌われてもいいから小さな行動を自分からしてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする