小さなことでも、違うやり方をしていくことで、新しい気づきがある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16728853146_0269685e43
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

今までとは違うやり方でやるときは、違和感を感じることもありますし、失敗することもありますよね。でもそれは、新しいことに挑戦していることにもなるのです。
 

■小さなことでも、違うやり方をしていく

 
私は、自分だけが担当している仕事については、いつも少しずつでも良いから変えていこうという気持ちで取り組んでいます。

要するに、もっと楽がしたいからです(笑)。

仕事は一人でやっているわけではないので、すべてを変えることはできません。

しかし、だからといって同じやり方を続けていくのも、どうかなと思うところがありました。

だから、自分だけが担当している仕事については、今までとは違うやり方を試みています。
 
 
 
 
たとえば、一つひとつの体の動きを書き出して、最も少ない動きで最大の結果は出せないかとか、チェックリストに書かれている項目を、バラバラにして、最初から組み直してみたりしています。

試行錯誤を繰り返していくと、新しい気づきが生まれたりします。

ちょっと、商品の箱の位置をずらすだけで、他の商品の箱も置くことができるとか、少し時間はかかるけど、体に負担が掛からない動きだとか。

自分にしかわからないことなんですけど(笑)、新しいことに気がつくと、とても嬉しいのです。

それが、仕事への意欲につながると思うのです。
 
 
 
 
但し、上手くいったからといって、次もまた成功するとは限りません。私は、ちょっと上手くいくことがあると、すぐに調子に乗ってしまい、大きな失敗をすることがありました。

簡単にいえば、油断をしてしまうのです。

油断大敵ということばもありましたよね(笑)。

普通すぎるかもしれませんが、何度も繰り返して、感触を確かめながら、自分のものにしていくのが、最も近道だと思いました。

みなさんも、今までとは違うやり方に挑戦してみませんか。

小さなことでも、違うやり方をしていくことで、新しい気づきがあるでしょう。
 

■「今日の教訓」

 
一度、上手くいったから、次もまた成功するとは限らない。何度も繰り返して、感触を確かめながら、自分のものにしていこう。
 
 

 
credit: K.H.Reichert via FindCC
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする