違和感と向き合うと未来の自分と対話をすることができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14498520397_107dba0f92
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

ちょっと違和感を感じる。

そんなふうに思ったことはありませんか。そもそも、違和感って何なんでしょうかね(笑)。でも、確かに感じる感覚なんですよね。
 

■違和感とは、未来の自分と対話すること

 
違和感を感じるというものは、人それぞれ違いますし、自分にしかわからないものですよね。何かいつもとは違うというか、ソワソワして落ち着かないとか、場合によっては痛みを感じたりしますよね。

特に、痛みを感じる場合はやっかいで、少しの痛みでも違和感を感じると、体全体の動きにも影響を及ぼすことがあります。

私も、仕事中に左足を痛めたらしく、というより、痛めた記憶は無いのですが、気がついたら、違和感を感じ始めて、帰宅することには、はっきりと痛みを感じたことがありました。

はっきりとした原因は、今でもわかりませんが、最初から痛みがあったわけではなく、違和感を感じていたことは確かです。
 
 
 
 
いま、思うことは、違和感を感じたときに、何らかの対応をしておきたかったです。もちろん、違和感を感じただけでは、素人の自分には特別なことはできません。本当なら、余計なことをせずに医者に診察でもしてもらったほうがいいのでしょうが、少し大袈裟すぎるようにも感じます。

違和感とは、マイナスなイメージもあるかもしれませんが、直感とか殺気と同じように、これから起こる大きな出来事を教えてくれるものだと思うのです。

そうだとするなら、違和感を感じたときは、できることなら様子をみてみるとか、違和感を感じたあとに起こることを想像してみるのも面白いのではないでしょうか。

自分にしかわからない違和感と、上手く向き合うことができるか。

向き合うことができるのなら、未来の自分と対話をすることができると思うのです。
 

■「今日の教訓」

 
ちょっと違和感を感じるというものは、自分にしかわからないものだよね。他人には、わからない感覚だから、違和感を感じているときは、少し様子を見るのもいいのかもしれないね。
 
 

 
credit: demandaj via FindCC
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする