やることが増えてしまったとき、どうしていますか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2427773505_bb3fdba691
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やることが増えてしまったとき、みなさんはどう思っていますか。私は、面倒くさいなーとか、勘弁してくれよと思ったりします。こんなことになるなら、最初に言ってくれよと、相手に突っ込みを入れているでしょう(笑)。
 

■課題が一つ増えたと思って、対策を考えていく

 
仕事をしていると、ついでにこれもやってくれとか、本部から人が来るから準備をしてくれとか、やることが増えていくことがあります。

もう少し早くいってくれればいいのにと思ったり、ブツブツと聞こえない声で文句を言ったり(笑)、やることが増えることは、歓迎することができません。特に、仕事の場合はです。

事前に、やることが増えるかもしれないことが、少しでもいいのでわかっていれば、それなりに対策も考えることができると思うのです。
 
 
 
 
やることが増えるかもしれないという、不確実なものに対抗していくためには、未来を予測することができたほうがいいです。別に、完璧に正確に予測できなくても、もしものときに備えることぐらいはできるはずですから。

私も、仕事でやることが増えてしまったときは、チェックリスト組み替えたり、やらないことを決めたり、作業記録を残すようにして、あとからタスク管理に取り込んでいます。

だから、やることが増えてしまったときに、面倒くさいと思いつつも、対策を考えるようにしておいたほうがいいです。

課題が一つ増えたと思って、その問題を解決するべく、対策を考えていく。

考えた対策を、実行してみてどうなったのか。その結果の善し悪しで、試行錯誤をり返していくことが、自分自身が成長する階段を一段ずつ上がることになるのです。
 

■「今日の教訓」

 
やることが増えてしまったとき、面倒くさいと思いつつも、対策を考えるように心がけよう。課題がひとつ増えたということは、自分が成長する階段を一段あがることになるからね。
 
 

 
 

 
credit: darwinjus via FindCC
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする