時間の無駄は、存在するのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2661425133_1328692483
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

何もせずに、1日が終わってしまったとか。余計なことをしてしまったとか。時間を無駄に使ってしまったと思うことってありませんか。

私も、時間の無駄をなくして、有効に使いたいと思ったこともあります。

でも、それって本当に無駄なことなんでしょうか。
 

■時間を無駄に使ってしまったは、本当だろうか

 
時間を無駄にしてしまったと思うときは、本当にやりたかったことができないときや、ダラダラと過ごしてしまったことを後悔するときに使っているのではないでしょうか。

でも、ちょっと考えてみると、時間は一定の速さで進んでいるだけですし、1日の時間の長さは24時間で、それは誰でも同じです。

そこに、無駄ってあるのでしょうか。

時間が無駄というよりは、その時間に何をしていたのか。何をしなかったのかのほうが重要ではないでしょうか。

時間を無駄に使ってしまったとしても、その時間は取り戻すことはできませんし、時間を無駄に使ってしまったと考えている時間さえも、時間は一定の速さで進んでいるのです。
 
 
 
 
だから、ごちゃごちゃ考えるよりも、今から、これからを、どうするのか?

何をするのか。何をしたいのか。そこに、焦点を向けたほうがいいのです。時間を無駄にしてしまったことだけを考えても意味がないからです。なぜなら、時間は一定の速さで進んでいますし、止まることはないからです。

そのときに、タスクリストやチェックリストがあったほうがいいでしょう。

時間を無駄にしてしまったと思っても、リストを見ることで復活がしやすくなります。

時間を無駄に使ってしまったと後悔するか、時間を無駄だとは考えず、今から何をするのかに焦点を当てるのか。

あなたなら、どちらを選びますか。
 

■「今日の教訓」

 
時間を無駄に使ってしまったとしても、その時間は取り戻すことはできない。ごちゃごちゃ考えるよりも、今から、これからを、どうするのか?やはり、リストがあったほうが、何もないよりも復帰しやすいと思うんだ。
 
 

 
 

 
credit: Alan Cleaver via FindCC
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする