決めることが遅くなれば、その分だけやりたいことに使う時間が減ってしまうよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やりたいことが、たくさんある。

だからといって、すべてできるわけではありません。

それなら、一刻も早くやる順番を決めなければ、何もできないかもしれませんよ。
 

■時間は限られているし、自分の体は一つしかないことを考えたとき

 
やりたいことって、次から次へと出てくることがありますよね。

すぐにできるもの、時間がかかるもの。

「やりたいこと」といっても、いろいろなタイプがあるでしょう。

やりたいことが、たくさんあるんだよね〜。

と言っていても、やらない場合が多いのではないでしょうか。

ただ漠然と、やりたいことを考えていると時間だけが過ぎていきます。

そんな時間も大事なんですけど、やりたいと思っているだけでやらない状態が続けばストレスが溜まるのも無理はないですよね。

やりたいことを紙に書き出して整理することはあると思うんですけど、そこから実行に移せているかどうかなんですね。

時間は限られていますし、自分の体は一つしかないことを考えたとき、やりたいことがあっても、できることは限定されることは間違いありません。
 
 
 
 
だから、やる順番を決めて始めることが最善の方法だと思います。

もちろん、やらないという選択肢もあります。やらないことを決めることも大事ですからね。

いずれにせよ、決めることが遅くなれば、その分だけやりたいことに使う時間が減ってしまいます。

なんたって、人生も有限です。

いつか、寿命は必ずやってきますから。

やりたことがあったら、やる順番を決めて取りかかる。

「今はこれに集中している」ものがあれば、同じ時間の流れでも密度の濃い時間が過ごせるはずですよ。

夢中になれるものがあるって、素晴らしいことじゃないですか!

やりたいことをやるには、決断力も必要になるってことですね。
 

■「今日の教訓」

 
やりたいことが、たくさんある。それなら一刻も早く、やる順番を決めなければならない。やりたいことすべてができるわけではないから。決めることが遅くなれば、その分だけやりたいことに使う時間が減ってしまうよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

すぐに行動できるようにするためには、アドリブも必要である

何かを始めることに使える時間は、思っているよりも少ない

あれもやりたい、これもやりたいと思っているときは、目の前のことができない状態なんだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする