どんな世界を、言葉で作っていきたいですか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

言葉によって、気持ちが動くのは本当だと思っています。

言葉の影響力は、想像以上に大きいんですね。
 

■自分の言葉を、いちばんそばで聴いているのは誰か

 
おはようございます!

明るい声で挨拶してから、仕事を始めるのと、何もしゃべらずに仕事を始めるのとでは、大きな差が生まれます。

挨拶をするということは、相手がいるのが普通ですからね。お互いに挨拶を交わし、そこから仕事をスタートさせると、その場の雰囲気も良くなると思います。

逆に、何も言わずに仕事を始めてしまうと、相手のほうが、どうしたんだ?何かあったのかな?

と、余計な詮索をするかもしれないし、挨拶という会話がなければ、その場での話すきっかけを失うことにもなります。

言葉というものは、その場での世界を作っていると言えるでしょう。
 
 
 
 
なぜなら、言葉を使うことで意思の疎通ができるわけですからね。

何も言わずに、相手に何かを伝えるよりも、言葉を使ったほうが簡単ですし、相手に対しての理解も深まりますから。

挨拶という、特別な意味を持たない言葉でも、挨拶をすることで、その場でのやりとりが円滑になることは確かなことです。

そして、自分の言葉を、いちばんそばで聴いているのは誰かというと、誰でしょうか?

そうですよね。自分自身(本人)ですね。

嬉しい、楽しいと感じるとき、そのことを表す言葉を使いますし、悔しい、悲しいと感じるときも、そのことを表す言葉を自然に使っています。

そう考えてみると、言葉がその世界を作り出しているといえるのではないでしょうか。

無理やり言葉を変える必要はないですけど、言葉は相手にも伝わるものですし、自分の言葉は、直接跳ね返ってくるものですから、自分の言葉の使い方に注目してみるといいですよ。

あなたは、どんな世界を言葉で作っていますか。
 

■「今日の教訓」

 
明るい言葉を使っていると気持ちも明るくなり、暗い言葉を使っていると気持ちも暗くなる。これは案外当たっていると思う。それは、相手にも伝わっている。無理やり言葉を変える必要はないけど、言葉が世界を作っているともいえるんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

言葉を使って、願い事を叶えていこう

自分の思い通りに行かないときに思い出している言葉

曖昧な言葉を打ち砕くことができれば、被害者意識から抜け出すことができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする